1. トップページ >
  2. 合格実績&塾長メモ

合格実績&塾長メモ

◇お知らせ◇

以前、某掲示板サイトに当塾の名誉棄損・信用毀損にあたる書き込みが横浜市内の幼児教室(個人)経営者によってなされた件について、当塾は当該投稿者を提訴致しました。現在勝訴は確定しておりますが、裁判は継続中となっております。

詳細はコチラ


2018年秋の合格実績速報 平成31年1月21日現在

精華小学校 11名合格+4名補欠 /17名受験
慶應義塾幼稚舎 名合格/2名受験
早稲田実業学校初等部 名合格/1名受験
暁星小学校 名合格/2名受験
洗足学園小学校 名合格/1名受験
聖心女子学院 名合格/1名受験
鎌倉女子 名合格/8名受験
日大藤沢小 名合格/5名受験
捜真小 名合格/1名受験
清泉小 名合格/1名受験
桐蔭学園 名合格/1名受験
東京都市大付属小 名合格/1名受験
文教大学付属小 名合格/1名受験

国大附属横浜小学校
一次11名通過/二次名通過/三次名抽選合格/15名受験

☆過去5年間の実績☆

精華小
2013〜2017年
補欠を含まない正規合格率は
61名合格/78名受験

当塾の精華小合格実績は、繰り上がらない補欠まで入れた合格者数表記ではありません。
また、分母の公表なく、合格効率の見えない実績表記の教室と比較される際はご注意ください。

国大横浜小
2013〜2017年
87名2次通過/64名3次抽選通過/128名受験

当塾の国大横浜小合格実績は3次抽選で当選し、実際に入学する人の実数です。 また、分母の公表なく、1次通過数の表記をもって実績とする教室と比較される際はご注意ください。


【重要】合格実績の表記について

『適正な授業料価格と独自性の高い指導技術をもって、丁寧に向き合う事。』

これが我々個人塾の目指す幼児教育事業です。
教室選びは、子どもとの相性、指導内容・教材品質・料金、合格に導くポイントなど様々です。そこに合格実績も重要な検討材料として上がります。しかし、小学校受験の合格実績は、中学受験とは違い、統一されたルールも無ければ、取り締まる機関もありませんので自由に表現する事ができます。繰り上がらない補欠を合格にカウントしたり、テストを受講しただけの子の合格を実績に入れ、現実離れした数字を掲げる事もできます。中立的に取り締まる者はいません。そのような不透明な合格実績が横行する中で当塾は分母の公表をし続けています。当然ですが、見た目の数字やトータルの合格率はどんどん下がってしまい、塾としては不利な宣伝をし続けていく事と同じになってしまいます。しかし、アジュライトこどもスクールがこのメッセージを世に送りつづける意味は、多くの方々に実態を気づいてほしい事と、いずれ幼児教室という業界の不透明さが改善されていき、良質で適正な価格の幼児教育を誰もが受けられるようになるお手伝いになればと考えております。
毎年いろんな子が受験準備にいらっしゃいます。合格数や合格率は高い時もあれば低い時もあります。多くの学校では縁故ではなく、頑張った人とご縁のあった人が合格しています。それが現実です。分母を見せない塾は、見せられない理由があります。合格数の多さではなく、分母を公表し、良くない年も正直に実数を出す塾こそが真の実績を出している塾であるとご理解ください。

三原塾長の重要メモ 2019年 第4回 『7月〜8月は、実力を伸ばす絶好のチャンス』

梅雨が明け、夏本番になると子どもたちのやる気が全開になります。
生まれてから、脳の急激な成長が一旦終わり、一番やわらかくて、吸収力のある、この6歳の夏 は一生に一度のチャンスでもあります。

特にこの時期は、個々が向かい合わなければならない課題に取り組むには絶好の時期であり、一生ものの強い精神力も養えます。

6歳の夏を制し、合格にむけて一緒に頑張りましょう。


夏期講習の前に

約40日間の夏休み。目標を持ち、意欲と努力を維持した子は、受験を制します。
秋の受験本番に向け、悔いの残らない充実した40日間にしましょう。

その為には、親が子どもの夏休みをイメージしておかなければなりません。
何を目的に、何を実行するのか?ビジョンは出来上がっていますか?

約束を決めましょう

『時間』と『約束』をキーワードに夏休みのルールを子どもと決めましょう。
起きる時間、寝る時間、プリントをする時間、絵を描く時間、工作をする時間、お父さん(お母さん)と遊ぶ時間、自由時間、習い事の時間、お手伝いをする時間等です。ルール表を書き出して壁に貼っても良いし、スケジュール表を作成して出来たらシールを貼るなど工夫して、『時間の使い方』と『約束の大切さ』を教えていきましょう。何をするにしてもダラダラではなく、メリハリを付ける心構えを、親が持っていて下さい。

また、夏の家族旅行など、楽しい予定を事前に子どもに伝えてしまうと、そっちに意識が集中して勉強がはかどらないという落とし穴もあります。楽しい予定は直前まで子どもには黙っていてください。
前の日に『明日は○○に行くよ!』と言ってあげるのがサプライズ的にも、脳に好刺激です。

夏休み中の学習方法

夏休みの家庭学習は、習慣としての積み重ね効果が非常に期待できます。

特に連続講習時は、『その日のうちに講習内容のポイントを30分復習する』事です。毎日行う…言うは易し、行うは難しで大変ですが、やり遂げた達成感を親子で確かめ合ってください。復習中心の家庭学習を行いましょう。夏期講習の無い時は、遊ぶ時間と勉強する時間のけじめをしっかりつけてください。志望校にもよりますが、最低でも60分集中できれば良いでしょう。今までの復習や志望校別出題分野を子どもの習熟に合わせて行います。

ゼミ受講の前後で気をつける事

講習を受ける前後の時間は、つい仲良しの友だちと時間を費やしてしまいがちです。

講習後、ゼミのお友だちとアイスクリームを食べる→騒いでいる子ども達そっちのけでお母さん達は立ち話。この行為だけでもすぐ1時間は経ってしまいますね。何も生まない意味のない時間です。さようならをしたら即、別々に帰るよう心がけましょう。

講習受講前後の言葉がけ

子どもが自分のやるべき課題を理解し、克服しようとする意思と意欲を持って受講すれば、それが一番理想です。しかしほとんどの場合は、大人が促してあげなければなりません。ご父母が受講前に『今日頑張る事』をしっかり伝えて送り出してあげましょう。

また、授業後のお小言というものは、大人側の責任逃れ行為です。気をつけて欲しい事は、あらかじめ授業の前に子どもとの間で約束しておくべきですね。(嫌な気持ちを翌日引きずると、せっかくの連続講習の効果に繋がりません。)

良いルーティンに気づき、意識しましょう。

一般的には、プロスポーツ選手などが、精神集中の為に儀式として行う【ルーティン】

実は我々も無意識に毎日【ルーティン】を行っています。朝、カーテンを開けて背伸びをする、寝る前に歯を磨く、1日1本バナナを食べる、植物に水をやるなど、全てが自分の1日の良いパフォーマンスの為の【ルーティン】なのです。この場合、特にペーパーの力を発揮する為、模試や授業、家庭学習の前に、何気ないいつもの行動を取り上げて、繰り返し、ぜひ【良いルーティン】を見つけ、実行するクセをつけてみましょう。

塾長紹介 

塾長

20年間の指導で積み上げた合格実績は1000名以上!!

【神奈川地区】
精華小約400名 国大横浜小約350名、横浜雙葉・湘南白百合あわせて約100名、清泉・捜真・ヨゼフ・鎌倉女子・森村学園・関東学院あわせて約300名、その他、カリタス・横浜英和・横須賀学院・湘南学園・聖セシリア・相模女子・平和学園・国大鎌倉

【東京地区】
慶應幼稚舎・早稲田・青山学院・学習院・暁星・成蹊・立教・女学館・雙葉・聖心・田園調布雙葉・東洋英和・小野・昭和女子大・目黒星美・玉川学園

 

大手受験教室に15年間勤めた後、2012年にアジュライトこどもスクールを開塾。

特に精華小、国大横浜小の年長クラスは、研究し尽されたカリキュラムと指導方法で高い正規合格率を連続で打ち出しています。

『子どもにしっかり向き合う指導』を基本理念に、100%合格する塾を目指し、日々授業とプリント作成に奮闘しています。

お問い合わせフォームへ

ページ上へ戻る

小学校受験 精華小 小学校受験 国大横浜小 小学校受験 年中・年少 アジュライト音楽プログラム
よくあるご質問 <教育編> よくあるご質問 <システム編> 授業の様子